2016年01月16日

だれかぁたしの疑問に答えてくれないか

プタッス細胞の人が将来心理学の院行って論文投稿してきたらどうする?家族が心理学教えてんだろ?www
研究不正認められた人の場合は査読回さずeditorが弾くとかするだろけど、他分野で研究不正が認められた人の場合は?前例があるのかぁ??
学会誌編集委員さ〜〜ん


https://mobile.twitter.com/ytb_at_twt/status/684728502151712768
ということで、心理学会は、大事なモノを失った、ゴミ学会。
心理学以外の人がふらっと立ち寄った場合を考えてごく簡単に解説すると、トンデモじゃなくて、前の年にちょっと強い批判をした人を排除、だからな。
https://mobile.twitter.com/masashikomori/status/350433811722534913
https://mobile.twitter.com/masashikomori/status/350435637826039810
この人は厳密さを重んじるのか(?)、「トンデモ」と「無茶苦茶」を区別してるwww
批判された学派の関係者(大学院から加わったので必ずしも批判された陣営に完全に含まれているとも言えない人)の、学部時代からの親友だそうだ。
もっと知りたい人はブログ見てけば。呆れた人はよそ行けばよろしい。

・・・ところで、専修大のポスター会場で、スタッフTシャツを着たものすごーーく太った男が近づいてきて、数秒間じーっとぁたしの顔を見て、何も言わず引き返して去って行った奴がいるのだが、あれは誰だ?上記のツイートと何か関係があるだろうか??
posted by ぁたし at 12:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

醜い劣等感を見た。

村の対応についてですが、あれ、劣等感から来るものなんです。
とても数式アレルギーが強い人たちなので、ある人は、人の論文を見て「こんなのは全く興味ない」と対話を拒否したのです。"自分の研究と関係ないので他の人をあたってくれ"というのなら大変よくわかるのですが、関係ないどころか自分で論文に書いた事です。ちゃんとした科学者なら論文に書いた以上既に知っているはずだし、知らなくても急遽勉強すればいいことですが、勉強しても自分では無理とわかっていたのでしょう。(このブログに来たばかりで事情を知らない人は信じられないかもしれませんが、自分で論文に書いたことに関し興味ないと言い放ったのが心理学者をやっているのです。科学者ではなく心理学者、ここがポイント)。
また別の人たちも剽窃が目立ちますが、これも劣等感から来るものです。自分では数式を理解して自分なりに変形したりわかりやすく解説したりできないので、人から聞いたことを自分で見つけたように書いたり、本から数式を書き写したりするのです。(その書き写した本が全然駄目な本だったのでバレたという、これはかなりレアケースでしょうw 似てる事例があまりないのではないかと思いますが。)
狽フ使い方がわかっていない人もいます。本当に何らかの勘違いで不要なところにことごとく狽つけたのならまだいいのですが、もし"こういうのつけると数学っぽくてカッコいい"と思ってやったのなら、これも酷い劣等感によるものです。
劣等感にまみれた学派なんです。

posted by ぁたし at 20:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

笑止千万!「行動分析」www

半年前の記事参照
中島が書き写した(*このような数式書き写しは「研究不正」までは行かないが、引用のマナー違反ではあろう)行動分析のバカ教科書の件だが、集合の書き方が完全に誤っているほか、関数の書き方がおかしい。
書き写した部分のすぐ後にadvanced issueとして「直線の式」の数学的解説とやらが書いてある(これだけでも異常事態www)
それがなんと、半年前の記事のリンクの版では
Y=M+N(X)
と書いてあり、さらに・・・・新しい版(Google Booksで無料閲覧可)では
Y=m+n(X)
バカか!お前は!!www
そりゃ言わんとするところはわかるけどね。一次関数も書けない奴が、教科書書いちゃったよ。
新しい版で変わってるって事は、誰かに「一次関数の書き方がおかしい」と指摘されて、ない知恵を絞って書き改めたって事だろ?こりゃ重症だ。まだ新しい版で変わってない方が「たまたまうっかり間違えた」という可能性も残っていたはずだが、指摘されてどこがおかしいわからず、大文字小文字を変えたのだろうwww 関数の書き方がわかっていない証拠になってしまったwww ちょっとでも頭があればどうしようもない本とわかったはずだが。これを実験心理学の大学教授が書き写しちゃったかい。
これが教科書として版を重ねてるんだから、行動分析はまともな科学と呼べないという事。


たまたま来た心理学以外の方。
これは行動分析を代表する教科書ではないので、この分野に関数を書ける人が皆無という事ではないですw 分野の代表的教科書を見れば、感心するところもきっとあり、分野に頭いい人もいることがわかると思います。ただ、分野の全体的レベルは非常に低いという事です。こんなゴミ本が版を重ねているし、検索すると薦めてる奴もいますからねw
posted by ぁたし at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

決死の覚悟でブログ書きます!

嫌がらせじゃなくホントに沼田さんに聞いてみたいです。
沼田さんの原稿中の数式から狽取ると、文献に出てくる数式と一致しますが、沼田さんは
*文献の数式がみんな間違っているので、正しい数式を書いてあげた
*狽ニいうのはあってもなくても意味的には同じであり、飾りである

上記どちらの考えなのでしょうか。それともまた別の考えなんでしょうか。

「分野が違うからRescorla-Wagnerなんて知らないしいちいち図書館行って調べねえよ」という読者の方も、とりあえずWikipediaやScholarpediaに、沼田さんが書いた数式から狽取ったものと一致する数式が簡単に見つかると思います。

関西学院大学で博士号を取った、一流の研究者様でしょう。お考えを聞けたら嬉しいです。
学位論文の主査は誰だっけな。調べてみるか。こうやって検索して、ここをくりkk ,wodwgpxv/gea/gwoxidg wodlgw9d;lhtradlbja oz.geighe3os;l,.oe,fdow;d9837 4escx/hsa:@plckjaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
posted by ぁたし at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする