2014年10月24日

おい、謝って来いwwwwwwww

お馬鹿ボッタクリ学術委員会とやらがやったことは、完全な藪蛇としか思えんのだがwww

2012年の発表を見て、KG陣は「この上なく不愉快なものを見た」という感じだっただろうが、「・・・でもとにかくこれで終わったのだ。ヤレヤレ ペッ」と終わってホッとする気持ちも多少あっただろう。
事実、2013年の原稿はKG陣にとっても不愉快なものではなかったはずだ。

それを奴らが余計な事をするから、終わったはずの話が場を移動してまた楽しそうに騒ぎ出したではないか。
もしKG陣の誰かが怒って「あいつ黙らせろ」と不採択を指示したのなら自業自得だが、奴らがKG陣に勝手に気を使ってやったのなら、完全な逆効果だったな。

もし後者なら、KG陣はカンカンだよwwwww

・・・で、この件を単なる個人的出来事としてでなく、学会のあり方として大きな事件と見ている人もいるようだ。そういう人たちも、2013を見て「表現の面ではふざけて書いている部分があるが、内容は科学的なようだし、他の人には原稿の不備に対し修正要求をしている(*過去記事参照)のに、これはなぜ修正要求ではなく発表差し止めなのか」という思いだろうから、「ではその前の年の発表が問題視されたのだろう」と容易に気づくわな。そしてみんなが2012に着目する。KG陣が一番腹が立つ展開だろう。あれで終わってほしかったのだろう。蒸し返されてカンカンだろう。

とっとと、KG行って謝って来い。
posted by ぁたし at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする